PROJECTS

S大学 建築学科棟Faculty of Architecture Building, S University

S大学 建築学科棟 / Faculty of Architecture Building, S University
Client:
S University
Year:
2015
Type:
Competition
Location:
Shizuoka, Japan
Collaborators:

Project Director:
Kazuki Moroe Architects
Structural Engineer:
ASA
Installtion Adviser:
TANAKA Hideyuki
Installation Engineer:
MURA

Status:
Finalist

大屋根の下に活動が広がる段々状の立体都市
既存法面の段差間を大階段や縁側状の半屋外スペースでつなぎ、内部の活動が外に表出するような仕掛けを持つ、立体的な都市空間を作ることを目指した。
モールを立体化する
既存施設の配置を活かし、更なる活性化を促す建築学科棟。モールの入り口からも見ることのできる大きな屋根と奥の森林へと繋がる緑は、大学の新しいランドマークとなる。
明確な配置計画
領域や学年を超えた交流を促す大きな吹き抜けを持つ「創造エリア」と、セキュリティや利用時間帯を考慮して各階に配置された教員室やゼミ室等の「個室群」とに分ける。オープンな一体空間と集中できる個室群は、思考サイクルを加速化し、新たな思考が生まれる場となる。