PROJECTS

ひな壇基礎の家Three-tiered Platforms

ひな壇基礎の家 / Three-tiered Platforms
Client:
Private
Year:
2017
Type:
Private House
Location:
Nisshin, Aichi, Japan
Collaborators:

Structural Engineer:
Hirotoshi Komatsu

Builder:
Marucho Home
Status:
Completed
Photographer:
CHIBA Kenya
Publications:

Jutakutokushu 2018:05

斜面に寄り添うひな壇基礎

敷地は市内を見渡せる小山の中腹。斜面に合わせた、ひな壇状の断面形状を持つ「ひな壇基礎の家」である。

このひな壇基礎は斜面に沿う形で東から西へ80cmずつ下がる3段で構成した。そして、水廻りを含めた住宅の諸機能を配置した2階を東西へ各々1.8m張り出し、内外を繋ぐ中間領域とした。
東側の最上段は道路との緩衝空間となり、そして玄関ポーチや車寄せとなる。また、この段を内側へ90cm伸ばし、道路と同レベルのキッチンカウンター、子供たちの勉強するデスク、2階への階段の踊場とした。この段差と生活の方向によって、前面道路を散歩する近隣住民の視線に対してぶつかり合う訳でも閉じる訳でもない適切な関係をつくりたいと考えた。
西側の段は斜面の木々の間に飛び込む様に片持ちで張り出したテラスとして、木々の間を抜ける光や風が心地よい居場所をつくりたいと考えた。
そして、これらの中間領域に面して、全て壁に引き込むことができる様にした木製建具を設けた。東側は3.6m×2.2m、西側は5.4m×3.0mの大きな開口部である。

段差・ピロティ・木製建具によって内部・中間領域・ひな壇・斜面・樹木が渾然一体となった「ひな壇基礎の家」は、住宅というより地形となり、住人はその地形の中に棲むこととなる。


Three-tiered Platforms that stay close to slope